あいおいニッセイ同和損保『口コミ』本音で評価!

投稿者: | 2018年5月7日

あいおいニッセイ同和損保 口コミ総合評価62点

保険料 55点 保険料はかなり割高。代理店型のみで見ても最も割高な損保になっている。
付帯サービス 57点 ロードサービスは上位水準。ただ、保険商品内容がなぜそのような内容になっているのかが全く理解できない。商品も選び辛いので、満足感が得られない。
事故対応 71点 業界全体では平均レベルといえるが、代理店型では良いとは言えない評価で最下位層に位置付けざるを得ない。
保険金支払 53点 評価は厳しい。支払率・支払スピード共に業界最低レベル。酷評も他社に比べ桁違いに多い。すぐ弁護士に一任し強行に問題解決を図ろうとする姿勢が、最大の原因
会社信用度 73点 大手損保の一角を担う企業だが、その貯金を事故対応等で使い果たしてしまった。この企業規模でこの会社信用度は非常によろしくない。

あいおいニッセイ同和損保主な口コミ

・保険料高い、対応最悪、事故未経験なのにここまでイラつく会社だとは予想外。正直潰れて欲しい

・困ったらすぐ弁護士使って丸め込もうとするんですね。もはや詐欺レベル

・すべて相手の言いなり。こちら側の言葉は全て無視。態度も上から目線で完全に顧客をなめきっている。絶対に許せない、許さない。

・特に不満はなかったです。先日友人の薦めで一括見積もりしてみたら、5万円以上安い保険を見つけてしまった。来年そっちに変えます。 ? ちなみに、各ランキングサイト、調査会社では以下のような順位となっています。

楽天ランキング2013 事故対応部門第3位
JDパワーランキング2013 新規加入総合満足度(代理店型)第5位

 

あいおいニッセイ同和損保『口コミ』本音で評価!」への6件のフィードバック

  1. 浅野

    事故にあいぶつけられたものです
    相手の承諾を得ずに勝手に保険で直す事をし
    私と相手を騙していました
    バンパー交換希望していて保険やに塗装で充分だと言われ板金屋に確認したところバンパー交換も塗装も同じ値段だって事が発覚それまでも嘘をつかれ
    怒りが収まりません
    相手が用意していた板金屋さんはバンパー発注して準備していたそうです。
    かかわった人達全員に謝罪してください
    私は許しません

    返信
    1. 匿名

      状況がよく分かりません。
      なぜ、相手が用意した板金屋を利用されているのでしょうか。

      ぶつけられた状況も分かりませんが、Aが被害者だと仮定して
      A様が直すのか、それともお金だけ請求して直さないのか選ぶ事が出来ます。

      又、バンパーは新品に交換しても塗装が必要になります。
      バンパーの損傷具合が分かりませんが、通常は塗装のみで終わりにされるものです。

      と申しますのもバンパーを購入して塗装を施す事から、値段が同じになる事は有り得ず、
      単純に既存のバンパーに塗装した方が安上がりだからです。

      従って、相手が用意していた板金屋というのも理解出来ません。
      通常は、ご自身で板金屋を選ぶ事が出来ます。相手が出すのは飽く迄も正当な費用のみです。

      もう少し詳しい状況をお話頂けると、内容が掴めると思います。
      今回の記述を読む限りでは、別に問題があると判断出来ない状況です。

      返信
  2. 相手方を騙して示談を進める

    ×××損保が相手方を騙して示談を進める

    ×××損保は最悪な会社です。

    ×××の契約者側が過失100パーセントなのに・・・
    何故か、相手方の過失が100パーセントとして不合理な示談を進める×××損保をどう思いますか?

    明らかに、×××側の契約者に過失があるのに、契約者から詳細な事故報告を受けていなければ告知義務違反であるし、詳細な事故報告を受けているのならば、相手方の錯誤に乗じて相手方を騙して相手方を悪者にして相手方のみに過失があると不合理な示談を進めています。

    目撃者から苦情が入ると、ドライブレコーダーに協力して下さいとの事で、目撃者が応じるが2週間経過してもドライブレコーダーも確認しない悪徳企業です。

    (普通、自分で相手に協力を求めておいて、放置するっていうのは、ちゃんとやってますよ的なアピールの単なるパフォーマンスですよね。)

    目撃者から詳細な事故状況報告が、ドライブレコーダーの映像や画像と共に詳細にwebサイトで記述されているのに確認もせず、一切を無視して進めている。

    当事者間同士は、事故は一瞬の事だし、法律知識なくて、善悪の区別も出来ない素人だからこそ、損保が介入して示談処理をするのであって、事実・真実に基づき客観的に判断して、社会通念上、是認出来る内容で示談をしなければならないが、×××損保は怠っている。

    是非、ご検討願いたい。

    返信
  3. 山本

    ぶつけられたとすれば過失が出たのでしょうか。
    相手の承諾を得ずに勝手に保険で直すというのは誰が行ったのでしょうか。
    浅野様と相手を騙したと書かれていますが、一体、誰と誰の事をさしているのでしょうか

    バンパーを交換希望されていても、それが事故により、回復不能で交換対応が適切と判断出来た場合である訳で、
    塗装で充分と判断された所をみると、バンパーに損傷がないのでしょうか。
    それとも明らかに回復不能の損傷があるのに塗装で充分と判断されてしまったのでしょうか。
    飽く迄も相手方のアジャスターの判断ですから、浅野様の言い分が正しいのか、相手方のアジャスターの言い分が正しいのか浅野様の記述だけでは判断し兼ねます。

    嘘をつかれたとの事ですが具体的に何を嘘をつかれたのか指摘しないと名誉毀損になってしまいます。

    既に書き込みから2ヶ月半経過していますから、もう解決されてしまっていますでしょうか。

    記述の上から順に、たどると・・・重複しますが、
    相手の承諾を得ずに勝手に保険で直す事は有り得ません。
    被害者が修理を行うのか、それとも修理を行わずに損害金を受け取るのか分からないからです。
    従って騙すということは、有り得ないと思いますし、騙す/騙されるの概念が登場する話ではないかと存じます。

    次にバンパーを交換希望されていますがそれは飽く迄も浅野様の主張であってそれが、本当に必要な状況下だったのでしょうか。一般的にバンパーは樹脂ですから割れるぐらいで凹むと云うのは考えがたいのですが、板金が不能なので、何を根拠に交換希望されているのか理解出来ません。
    交換するべき状況でないのに交換希望した場合、詐欺罪に問われる事があります。

    次に仮に浅野様の主張どおり、交換希望が妥当とした場合、保険屋に塗装で充分だと云われたとの事ですが、
    そうだとすれば交換が不要な状態だったと判断して宜しいでしょうか。

    次にバンパー交換と塗装が同じ値段といわれたとの事ですが有り得ません。
    バンパーというパーツがあるのか無いのかで、値段は変わります。
    と申しますのもカラードバンパーが主流で、この場合、バンパー交換されますと色がついているバンパーを購入することになります。
    ところがこのカラードバンパーは車の経年劣化と合わず、色違いのプラモデル風の色あいになってしまうのです。
    ですから、どっちにしても塗装が必要になります。
    従って塗装代金とバンパー代が掛かる、訳で、浅野様がバンパーの交換を希望していても、塗装が必要になってしまうことから既存のバンパーに塗装した方が安上がりと云える訳です。

    次に相手が用意した板金屋がバンパー発注していて準備していたとの事ですが、そのまま浅野様の希望どおりにしても
    宜しいかと存じます。
    ただし、保険会社は塗装のみの代金しか出さないと思いますので残りは実費で浅野様が負担することになりますが、ご希望のバンパー交換は実現するかと存じます。

    次にかかわった人達全員に謝罪とは・・・一体、誰に何の根拠で、謝罪をお求めになっているのでしょうか。

    以上、気になる点を順に書かせて頂きました。
    一般的な視点から考えて、浅野様の記述内に矛盾等が混在している事から浅野様が何か、勘違いしている様にも思えます。
    もう少し詳しい情報が無いと、浅野様の主張が妥当なのか判断が難しい所です。

    返信
  4. グルで相手方を騙して示談を進める

    ×××レンタカーは、×××損保とグルで相手方を騙して示談を進める

    ×××レンタカーが提携するあいおいニッセイ同和損保は最悪な会社です。

    ×××レンタカーが貸した車両で左折巻き込み事故が発生しました。
    あいおいニッセイ同和損保の契約者である×××レンタカーが貸した車両を運転していた側が
    過失100パーセントなのに・・・何故か、相手方の過失が100パーセントとして不合理な示談を
    進める×××損保をどう思いますか?

    明らかに、×××損保の契約者である×××レンタカーが貸した車両運転手に
    過失があるのに、×××レンタカーから詳細な事故報告を受けていなければ告知義務違反であるし、
    詳細な事故報告を受けているのならば、相手方の錯誤に乗じて相手方を騙して相手方を悪者にして、
    相手方に100パーセント過失があると不合理な示談を進めています。

    目撃者から苦情が入ると、ドライブレコーダーに協力して下さいとの事で、目撃者が応じるが
    2週間経過してもドライブレコーダーも確認しない悪徳企業です。

    (普通、自分で相手に協力を求めておいて、放置するっていうのは、ちゃんとやってますよ的なアピールの単なるパフォーマンスですよね。)

    目撃者から詳細な事故状況報告が、ドライブレコーダーの映像や画像と共に詳細にwebサイトで記述されているのに確認もせず、一切を無視して進めている。

    当事者間同士は、事故は一瞬の事だし、法律知識なくて、善悪の区別も出来ない素人だからこそ、
    ×××損保が介入して示談処理をするのであって、事実・真実に基づき
    客観的に判断して、社会通念上、是認出来る内容で示談をしなければならないが、×××損保は怠っている。

    是非、ご検討願いたい。

    返信
  5. 相手方を騙して示談を進める

    本件は過失割合が見直され示談されました

    返信

相手方を騙して示談を進める にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です