さらばアメリカンホームダイレクト!早々に撤退

投稿者: | 2016-12-25

アメリカンホームダイレクトはCMでもラジオでもよく流れていて通販型の自動車保険では先駆者でした。今までの補償を大幅に上回る補償内容でさすが外資系と行ったところです。しかし2015年に新規契約中止を発表した事で撤退する可能性は薄々感じていたがそれから数ヶ月で更新契約までも中止となった。終了は2016年11月末日です。

では今まで加入していた人はどうなるのか?今まで加入していた人はソニー損保に切り替わります。ソニー損保をなぜ選出したのかはわかりませんがAIG保険恐るべしです。

母体としてはAIG保険ですのでまだ余力はあったのでしょうが外資系はあっさりしているという印象ですね。

あんだけ認知度が高いアメリカンホームはなぜ業績が悪かったのでしょうか。国内で販売を開始した当初は画期的な商品でしたので業績がうなぎ登りだったはずです。

しかしそれに甘んじていたのではないかと思います。その後多くの通販型の自動車保険が参入してきました。独創的な商品、とにかく安い業者、距離による大幅な割引など会社独自の特徴を個々の会社は持っています。

アメリカンホームダイレクトはその中で特徴としてインパクトのあるものがあまりなく広告費もあまりかけないという事で埋もれて行ったように感じます。本当の答えはわかりませんが。ただ外資系は撤退が早いという印象を改めて思わせる結果でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。