自動車保険はどこがいいですか?今急上昇中の会社は?

投稿者: | 2016-08-07

保険の自由化から外国からの保険会社が入ってきたり通販型自動車保険が出てきたり最近では結構な数の保険会社があります。

大きな意味では通販型は安い、代理店型は事故時に安心などは分かるのですがどこが一番いいのか、どこを選べば良いのか選択するのは難しいですよね。

 

 

自動車保険どこがいいですか?

 

◇ソニー損保 今一番加入率が高い

今急上昇中の自動車保険会社はソニー損保です。ソニー損保は加入率が今一番多いのではないでしょうか。その人気の理由としてはあまり車を長距離運転しない方が今増えているからではないでしょうか。乗った分だけというキャッチコピーのインパクトが強く、乗らない人はかなり安くなるので好まれています。ただ距離によってというのは通販型の会社は結構多く、チューリッヒやイーデザインなども行なっている。ただソニー損保は乗らなかった分を貯金できるという点が違っている。次の年に乗らなかった分が使えるという点は大きな違いだ。

◇イーデザイン損保 定番で行くならこちらの会社

安さ、補償と知名度、事故対応良しの4拍子揃った会社。加入率もそこそこ高く選ばれるべき保険会社です。割引をうまく使えばどこよりも安くなる可能性を秘めている点と東京海上グループという安心感がこの会社にはある。

◇おとなの自動車保険 ロードサービス,補償が良し

こちらの会社も加入率を増やしているが内容を見ると一番補償内容が良いのではないかと思ってしまう。中でもロードアシスタントサービスの最大レッカー移動距離300㎞以内は№1ではないでしょうか。外資系の保険会社に充分対抗できるロードサービスと言っても良いであろう。下手をしたらそれ以上かもしれません。

◇セコム損害保険 事故時の安心がある

まさかセコムが自動車保険を行っていると思わないので全然知られていない。しかし通販型であっても事故時にセコム社員の駆け付けサービスは安心感という意味では上位の会社であろう。セコムの火災保険はかなり安いと評判だが自動車保険も中々安い。ただ売り上げは知名度の低さでかなり低い。

◇SBI損保 安さで勝負

最後に一番安いとされる会社を紹介しよう。SBIは様々な事業を多角化で行っているがどれも商品のインパクトが高い。自動車保険の補償内容も安いから悪いのか?と思うがそうではない。しっかりとした基本補償は抑えている。若年層にはリーズナブルでおすすめである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。