人の車を運転する際には東京海上日動の「ちょいのり保険」を活用

投稿者: | 2016-12-19

人の車を運転する場合の補償

他人の車を運転する際にも補償を受けられる特約(他車運転危険担保特約)というのもありますが、例えば自分の子供が年に数回程度自分の車を運転するような場合などに、気軽に利用できる保険があります。それが東京海上日動が提供する「ちょいのり保険」です。

東京海上日動の「ちょいのり保険」とは

「ちょいのり保険」は、一日500円という小額で補償を受けることができます。携帯電話会社とコラボすることにより生まれた商品で、携帯電話・スマートフォンから気軽に申し込みをすることができます。携帯電話とのタイアップで生まれているため、携帯電話経由の申し込みは本人の特定も容易なので契約手続きも簡単です。このような契約形態はかなり若い人の利用を想定して生まれたものだと思います。

年に数回程度しか車を運転しない子供が保険の特約をつけるなどして運転するよりもこのような一日単位の保険を利用するほうがコストがかからなくて済みます。21歳未満の子供が割高の保険料を支払うことに比べればはるかに安い金額です。

必要なときに必要な分だけの保険に加入できるといった商品はテクノロジーの発達に伴い今後も増えていくかと思います。

ちょいのり保険の注意点

車によっては保険の対象外となるものがあります。フェラーリなどの高級な車は補償がされないので、借りる際にはその車が補償の対象になるのかどうかの確認が必要です。

人の車を運転する際には東京海上日動の「ちょいのり保険」を活用」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 自分の車を持たない場合の自動車保険(ドライバー保険)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。