自動車保険を契約タイミングで割引比較(早割・継続割引)(平成29年更新)

投稿者: | 2017-02-07

自動車保険の契約タイミングで割引

各自動車保険会社、とくに最近増えてきたダイレクト型自動車保険ではインターネットを経由して割引を行うほかに、保険の契約を通常よりも早めることによる割引(早期契約割引)や、継続することによる割引(継続割引)など、保険の契約タイミングによる割引を提供することで顧客数の確保に努めています。

早割(早期契約割引)の特徴

各社早割の条件は違っていて、イーデザイン、チューリッヒは保険開始日の45日前まで、セゾンは契約満期日前日30日前に継続手続きをすればいいというものです。セゾンのみ継続手続きによる早期割引という条件が付いています。

割引になるというメリットのほか、時間に余裕をもって手続きをおこなえるという意味でも積極的に利用したいところですが、提供されている会社が3社程度とかなり限られています。

継続割引の特徴

元々ダイレクト型自動車保険では、インターネット割引があり、それが継続更新時にも割引が適用されていますが、これとは別に継続割引をソニー損保とそんぽ24が提供しています。

インターネット継続割引のほうが割引率が大きいので、こちらはおまけ程度に考えておくといいでしょう。

自動車保険会社別早割・継続割引比較一覧

早割 継続割引
イーデザイン損保 保険開始日の45日前までにインターネットで契約した場合、500円割引   -
ソニー損保  - 1回目1%、2回目1.5%、3回目以降2%
チューリッヒ 保険開始日の45日前までに契約申込みで500円割引   -
そんぽ24   - 継続で3%割引
セゾン自動車火災保険
(おとなの自動車保険)
現在の契約の満期日前日の30日前までに継続手続きで400円割引 ※早割を参照

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。