車両保険の定額方式と増額方式について

投稿者: | 2016-02-25

自動車保険会社によって免責を決める際に増額方式と定額方式と書かれている場合があります。定額方式と増額方式はどういった意味なのでしょう。

簡単言うと自己負担額を固定にするか増額で行なうかです。

 

定額方式とは・・

最初に5万円と設定すれば事故回数に関わらず自己負担額が5万円のまま変わらないということ。

(例)0万円または3万円

1回目の事故でも2回目の事故でも自己負担額はなし。

または

1回目の事故が3万円以内であれば自己負担、2回目の自己も同様。

のどちらか選べる。 ※この金額を超えた分は保険会社が払ってくれる。

 

増額方式とは・・

1回目は5万円ですが2回目は10万円まで自己負担額支払わなければならないという増額していくタイプです。

(例)1回目5万円→2回目10万円

1回目の事故が5万円以内であれば自己負担、2回目の事故が10万円以内であれば自己負担。

※この金額を超えた分は保険会社が払ってくれます。 車両保険は増額と定額ではあまり保険料はかわりませんが設定自己負担金額が高ければそれだけ安くなる。自己負担金額を多くして保険料を安くするか高くするかは自己の判断となる.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。