車上荒らし・車両の盗難

投稿者: | 2015-12-18

 

 

世界的に日本は治安がいいと言われています。
しかし年間10万件もの車上荒らしが発生しており、車両の盗難も減少傾向ではありますが、年間約2万件ほど起こっています。
なんだか人ごとのように感じてしまいますが、そんな油断を犯人は狙っているのです。

ガラス部分や鍵穴を破壊をして、貴重品を奪われたり、ちょっと目を離した隙に自動車を乗り逃げされてしまうケースが報告されています。

とても残念なことですが、そのような危険を想定していなければならないのが現実です。
万が一、自分が巻き込まれてしまった場合は犯人を捕まえることができない限り、取られてしまった資産を取り返すことは不可能です。

車の修理はパッと支払いができるほど安いものではありません。
第一、車そのものを盗まれてしまっては損失は莫大なものとなるでしょう。

そんなとき「車両保険」が大きな効果を発揮するのです。

車両保険とは主な自動車保険会社で用意されている保険のオプションです。
自動車保険に加入している約半数の人が入っており、盗難以外にも災害・いたずらによる破損、当て逃げ、自動車の横転などにも保証範囲が設定されています。

もちろん自動車保険のメーカーによっては設定が異なりますので、住んでいる地域や運転するエリアに応じてサービスを比較する必要があるでしょう。

自動車保険は車同士、車と人の事故だけがサービスの範囲ではないのです。

 

自動車保険の比較はこちらから!

保険会社ってどういうところがあるんだろう?(保険会社一覧へ)

自動車保険の評判ってどうなってるんだろう?(口コミ一覧へ)

実際に金額を知りたいが知りたい!(見積もりサイト一覧へ)

 

決して安い買い物ではない大切な資産と長く付き合っていくために、自動車保険を賢く利用しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。