自動車保険比較 三井住友海上の内容まとめ

投稿者: | 2015-03-20
三井住友海上火災保険株式会社
資本金:?1,395億  株主:MS&ADインシュアランスグループホールディングス株式会社   A+ 設立:大正7年10月
おすすめ一括見積もりサイト: 自動車保険会社20社の金額を一度に調べるにはこちら!

三井住友海上の自動車保険を他社と比較したときのメリットデメリット要点はどこなの?

三井住友海上の自動車保険の内容比較!

保険の種類
・基本プラン
・標準プラン
・充実プラン

主な特約
・弁護士費用特約
・車両全損(70%)特約
・車両保険無過失事故特約

主な割引制度
・免許割引
・新車割引

主なロードサービス
・レッカー15km無料
・ガス欠時10?無料
・帰宅、宿泊費補助

三井住友グループの損保企業。大手損保の1つに含まれる企業です。あいおいニッセイ同和と三井住友海上はMS&ADという同一のグループ会社です。今後経営再編が度々行われるでしょうが、現段階ではまだ合併というところまでは話がいたってないようです

三井住友海上メリットデメリット

基本商品は3種類のパック型保険ですが、保険の自由度が高く自分にあった保険を見つけることが出来ます。また補償額が高めに設定されており、他社以上の安心感を得ることが出来る。
ロードサービスが他社と比較してかなり弱いです。最低限JAFには加入しておく必要性を強く感じます。
保険自体も非常に安価に抑えることが可能な仕様になってはいますが、価格面だけで保険を構築するとおそらく何の役にも立たない保険になってしまうでしょう。長期契約も可能ですが自動車保険ではあまり意味を成さないので必要性を感じません
同じ代理店型でオススメの損保会社
・損保ジャパン
・東京海上日動
・日本興亜損保
・あいおいニッセイ同和
・AIU

大きな企業と提携している事が多いせいか三井住友海上の自動車保険を使用している利用者は多い。しかし他の自動車保険会社と比較したときにどのような違いが出てくるのでしょう。

三井住友海上口コミ評判まとめてみると・・!

三井住友海上は、大きな会社で信用力が高く、3つのプランからなる保険内容はわかりやすい!
3つのプラントは相手、自分、車の補償に分かれておりどこまでの補償がほしいかを明確に区分けできるので非常に分かりやすい。

代理店型の中でも自動車保険料が高め!
他の自動車保険で見積もったときに下手をすると3万~4万円変わる場合がある。
これはブランドのような価値として払うようなものだ。

知名度が高いので安心感があるので変なイメージではないが補償内容は安いところと変わらない事が多いので損をした気分に正直なる。

安定志向で50代くらいの人から好まれる自動車保険という評価であろう。
若い人は補償内容が変わらないのに高いだけの三井住友より安い自動車保険に流れる傾向が口コミからも分析できる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。