自動車保険の見直しと乗換のタイミングガイド!

投稿者: | 2017-02-13

ライフスタイルが刻々と変化していく現代生活において、その変化に柔軟に対応した形で対応させていくことが極めて重要であろう。例えば、車を買い換えたとか、或いは諸般の事情により今まで車まで通勤したのを電車通勤に切り替えた場合などに、これまでの自動車保険に対して保険料を過分に支払っていないだろうかという再検討が必要となってくる。

つまり、自動車保険の見直しは新車を買った、或いは車を買い替えた、車の利用者に変化があった、免許証のゴールドをとったとか、変わったとか等の時点が見直すタイミングとして最適であるといえる。

ほとんどの自動車保険の契約期間は1年であることから、これらを総合的に鑑みて検討・調査した上で方が選択肢を決定させた方がよいといえる。

【自動車保険乗り換え見直しのタイミング】

✱契約更新時点 

✱新車を買った時点 

✱車を買い替えた時点 

✱子供等が運転利用に加わった時点 

✱車の利用目的に変化があった時点 

✱免許証がゴールドになった時点等が考えられる。

1)契約更新時点 ・・・ このタイミングでの契約見直しのメリットはなんといっても、更新前に事故なしが1年間続いた場合に限ってノンフリート等級が一段階上がるというメリットが生じる。ということは、保険料は以前より安くなる。ただし、ここでよく考えないといけないのは、この際契約期間が途中の場合に他の自動車保険に乗り換えようと考えた場合には、更新前に事故なしが1年間続いたとしてもノンフリート等級は以前のままに据え置かれてしまう。従って、ネットを利用して自動車保険の見積りを依頼して検討することがポイントである。

2)新車を買った時点、又は車を買い替えた時点 ・・・ この時点ではいろいろなバリエーションが想定できる。例えば、以前の車を手放すか、セカンドカートして使用するか等のケースが考えられる。この時点ではノンフリート等級の引継が出来るか否かが最大の関心事になると思われる。車を手放す場合は、今までのノンフリート等級がそのまま引き継がれる。従って、割引率もそのまま次の車にも適用されるため、をじっくり把握した方がよい。この際の留意点は自動車保険の引継有効期間は1週間となっているため、期限を過ぎると新保険は6等級からという具合に再設定されてしまう。仮に手放さないでセカンドカーとして利用する場合でも、セカンドカー割引の適用が受けられることになる。そのため、保険料していくらになるかを把握することがポイントとなろう。何といっても見積りをしっかり行うことに尽きる。

3)子供等が運転利用に加わった時点 ・・・ この場合の検討事項としては年齢条件、運転者限定条件等について細部に亘って検討することが重要であろう。全年齢補償とか本人限定、家族限定等の各種条件が準備されているため、よく分からない場合は保険会社に問い合わせていろいろな条件を収集し整理の上、最適な条件で決めて契約を移行することが大切となる。

4)車の利用目的に変化があった時点 ・・・ 今までは通勤に車を利用していたが、環境変化で電車等による通勤形態に切り替えた場合は自動車保険を見直す機会となろう。この場合の見直す条件として、何といっても1年の走行距離によって自動車保険の割引率が変わってくることである。従って、車の年間走行距離に対応して割引率の設定を行っている保険会社がほとんどであるため、これらの情報等を調査収集して、最適な保険を見出して検討することがポイントとなるため、自分たちのカーライフをよく吟味して話を進めるようにすることである。

<例>某自動車保険においては以下のような例がある。

●1年の走行距離3,000km以下 ⇒ 保険料 131,750円

●1年の走行距離7,000~9,000km ⇒ 保険料 157,140円

●1年の走行距離無制限 ⇒ 保険料 199,880円

5)免許証がゴールドになった時点 ・・・ 自動車保険を契約している人がゴールド免許証の場合のメリットとして、約10%位の割引率の適用が受けられることが挙げられる。保険会社と契約する場合、ゴールド免許であることを申告することで割引が適用される。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です