自動車保険のソルベンシーマージン比率とは

投稿者: | 2016-03-08

自動車保険で調べているとよく目にするのがソルベンシーマージン比率。

その比率とはどのようなものなのでしょうか。

これは自動車保険に加入する際に参考になるもので、その保険会社の「支払い能力」、「健全性」を表したものである。

この比率が高ければ高いほど大きな被害があった場合の安心感につながるというものだ。

基準としてはソルベンシーマージン比率は200%を超えていれば良いとされているが、この比率を見てみるとほとんどの会社がこの比率を大幅に超えているようだ。

特に聞いたことのある保険会社は問題ないということでしょう。

ポイントとして震災などがあった直後などまったく下がらない会社がある。

これは逆にちゃんと保障してくれたのか心配になる。

高ければ良いというわけではなさそうだ。

しかしこの流れのデーターを見るのは2012年のソルベンシー比率の見直しで改正があったことからこの動向がわかりづらくなってきている。