自動車事故の「初動ミス」に注意せよ。

投稿者: | 2015-03-06

長期化する案件「初動ミス」というのがあります。
長期化する自動車事故について前回の駐車場内の事故に続いて説明します。
初動とは初めて自動車保険の交渉をする最初の第一歩です。

自動車事故で初動の対応を間違えるとどんな案件も長期化します。
事故受付してすぐに過失割合を言い切ってしまった場合は最悪です。担当者として失格です。
幅をもたせておおよその過失割合を伝えることは問題ありませんが、決まった割合を言ってしまったりすると後から変更がききません。

事故は相手方と示談成立して初めて解決します。事故状況もお互いの主張を聞かないと真実はわかりません。そのため、初動では数字はなるべく提示せず、事故状況の聴取を徹底するのが重要です。
事故の過失割合とは自動車保険金を決定する重要なものです。
自動車保険でこの対応が悪い担当者とあうと損をすることがあります。
事故対応の悪い自動車保険会社とはこのようなミスをする会社といえるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。