イギリスの交通ルール

投稿者: | 2015-12-10

イギリスの交通ルール

イギリスは日本と同じ右ハンドル・左側通行です。ヨーロッパの国では唯一の左側通行です。なぜ、イギリスだけ左側通行なの?って、思っている方もいるかと思いますが、一説によると、馬に乗った際のムチが隣の馬を驚かさないように、ムチが外側になるように右側になったらしいです。

 

その他にも日本と似ている部分が多く、シートベルトは前後問わず全席着用が義務です。

チャイルドシートは3歳以下に対して義務付けられています。

 

バスレーン

イギリスは二階建ての赤いバス、通称ロンドンバスが有名です。観光客も多くロンドン市街は渋滞が起こりやすいので、イギリスは専用レーンを充実されて渋滞に巻き込まれないようにしています。

 

取り締まり

・駐車禁止

イギリスは駐車禁止の取り締まりが厳しいです。基本的に道路の端に2本の黄色い線は駐車禁止なので、停まっている車を見つけたら、注意してあげてください。

 

・スピード違反

イギリスは一般道路・高速道路を問わず、オービスがたくさん設置されているので、日本以上に厳しいとネット上で言われております。

 

イギリスは日本と似ている部分が多く、とても交通ルールが厳しい国です。ですので、外に出歩いたりする際は安全ですが、少し間違った運転をすると捕まってしまう可能性があるので勉強してから旅行に行ってください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。